文系だから受かる!基本情報技術者試験

 文系でも確実な短期間で合格を目指していくブログ

いぬぁい

【資格選びのポイント】これから何か資格を取りたい人必見!資格を選ぶときのポイントをランキング形式でご紹介。

f:id:BunkeiFE:20180408183200j:plain

今回は、この資格を取得したいと考えるポイントをまとめました!

4月になって、何か始めたい。と思う人も多いと思います。そんなときに資格を受けてみるのは結構ありだと思います。まだ友達が少ない時期ですから、資格は1人で頑張れて取っ付きやすいです。

それでは、どんな資格を取ればいいでしょう?

なんとなく目に入った資格に挑戦してみるのもいいですが、勉強よかった!取得して得した!と思える資格がいいですよね!

というわけで、どういう観点で受けたい資格を考えるのかをランキング形式でまとめてみました! 

過去の記事で、20代・30代が本気で取得したい!と思っている資格もまとめています。よかったらこちらもご参照ください!

 

bunkeife.hatenablog.com

 

1位 将来的に使える資格なのか?

せっかく頑張るので、取得してよかったと思える資格が取りたいです!就職に有利になるか?社会での需要があるかなど。(女性)

取得時間、取得にかかる金銭と取得することによるメリットを考えて、その資格は勉強時間・費用に見合うものなのか、本当に必要なものなのか、と天秤にかけてから資料請求をします。 (男性)

資格勉強を通して、すぐにでも知っておいた方がいいことだったり、興味があることの知識が吸収できるなら、勉強してみようかなと思えます。 (男性)

 

<ポイント!>

✔ せっかく頑張るなら役立つ資格! 
✔ 就職・給料アップ・転職・異動の機会・スキルアップの観点で。
✔ 迷いすぎて、「やろうと思ったけど時間がない!」とならないように。

<そんな人にオススメ!>

TOEIC (600点を超えれば書けます)
・簿記 (お金に関わらない会社はないので、業界に関係ない!)
秘書検定 (就職にオススメ!)

2位 費用

受験の開催頻度や試験を受ける際の費用が高額でない事を重視します。軽い気持ちで何回もチャレンジして、雰囲気を掴んでいっていいものなのか、入念に準備して1回で合格しなければいけないものなのかを考えるためです。 (男性)

学習にあたって費用がどのくらいお金がかかるのかが気になります。予備校に通う必要がある場合はその料金、独学でも頑張れそうな場合は、必要な参考書の合計金額を調べます。最近は通信教材などもあるので、選択肢がいろいろあるんですよね。 (男性)

 

<ポイント!>

✔ やっぱりお金は大事! 
✔ 試験の開催頻度と費用によってはトライ&エラーも検討できる!? 
✔ 学習方法によっても費用は変わる。(独学か予備校か通信教育)  

3位 学習時間はどれくらいか?

自分の生活の中で勉強して取得できるかを重点的に見ています。主婦の私が確保できる時間内で取得可能かどうかです。女性)

資格を取得するのにかかる金額とスクールに通う年数は気になります。 
取得までに時間がかかったり、学校に通わないといけないとなると大変なので、あらかじめ知っておきたいです。
 (男性)

どれだけのコスト(費用より時間)がかかるのかを調べます。1年ぐらいでとれる資格ならいいかなと思いますので。 (男性)

<ポイント!>

✔ 自分の生活にあった勉強スケジュールが立てられるか考えましょう。 
✔ スクール・通信講座を使えば短縮できるかも!
✔ 時間は有限。  

4位 どうやって勉強すればいいか?

まずはどのように勉強するべきか、学習方法を調べます。本を購入するなど、独学でも対応できるのか、通信教育などで勉強した方が効率がいいのかを知りたいです。また、受験や教材など全体的に費用はいくらかかるのかも気になります。 (男性) 

通学、通信、独学等どのような勉強方法があるのか、効率的な勉強法は何かという情報が知りたいので合格者の体験談などが気になります。 (女性)

<ポイント!>

✔ 効率を意識するのがベスト! 
✔ 勉強の仕方をイメージできれば、あとは勉強するだけ! 
✔ 合格者の話が聴ければ確実。 

5位 合格率・難易度

勉強にあたっての心構えとして、どのくらいの勉強するもので、どのくらいの確率で合格できるものなのかをチェックしています。 (女性)

資格取得するためには、どのくらいの知識がないといけないのかが気になります。前提知識がある場合、「このくらい勉強しなきゃいけないんだ…」ということが知りたいからです。難易度の高さと、取得してできることのバランスを見て、勉強するかを考えます。 (男性)

<ポイント!>

✔ 合格時の知識量をイメージしよう! 
✔ 合格率が低い場合は、ひっかけ問題が多いです。
✔ 気にしすぎないことも大事。 

6位 受験スケジュール

どのようにして資格取得をするのかという試験までのルートを確認します。 自分の今の状況を踏まえて、チャレンジするのにふさわしいかどうか、達成できる余裕があるかを検討します。 (男性)

資格取得の手続きや試験が複数回ある場合は、準備時間も含めてスケジュール感を把握したいです。(男性) 

<ポイント!>

✔ 合格までの道筋をイメージすることが肝心! 
✔ 冷静に考えると次回にした方がいいことも。 
✔ 準備時間が足りなければ優先順位を考える必要があるかも。 

7位 受験資格

資格の難易度と受験資格を確認します。そして、どのような人が受けているのか、自分に合った資格かどうか考えます。 (女性)

資格の取得条件を気にします。特に特定の大学を出ていなくても取れるか、などです。 (男性)

<ポイント!>

✔ 勉強してたのに受験できない!なんてことにならないように! 
✔ 四年制大学の卒業、短大卒業、実務経験〇年間、がよくある受験資格。 

8位 資格合格者の話

知り合いに資格を持っている人や関連した職業の人がいれば話を聞きたいです。勉強方法もそうですが、取ってよかったことや、こっちの資格の方が良かったなどのコメントがあれば参考にしたいです。 (女性)

インターネットで実際にその資格を持って活躍している人の口コミを見ます。 直接聞いた話や、資格を持っている方がブログなどで発信している情報を重視します。 (女性)

<ポイント!>

✔ 合格者の生の声を聴いてみたい。 
✔ 取得してよかった話を聞いてモチベーションが上がる! 
✔ 合格後のキャリアアップについて知れるのも有効! 

9位 ドヤ顔できる資格か?

履歴書に書いて面接官に「おっ!」と思わせる資格が取りたいです!そうなれば、就職・転職が有利になるし、入社後も役立つと思うからです。(男性)  

持っていて話の話題になる資格に興味があります。資格を通して自分の興味や趣味を証明することにもなって話が弾むと思うからです。欲を言うと、女性にモテる資格を取ってみたいですね。 (男性)

<ポイント!>

✔ 履歴書の資格欄を埋めていこう! 
✔ 話の話題になる資格で飲み会の主役になろう! 
✔ モテる資格?! 

<そんな人にオススメ!>

行政書士 (嵐の櫻井さんがドラマをやってました)
・調理師 (言わずもがな!)
・宅地建物取引士 (不動産業界だとオススメ!)

10位 自分の生活に役立つか?

子育てや介護など、自分の生活の助けになるような資格かどうかをよくチェックしています。 (女性)

自分の趣味ややりたいことに繋がる資格だったら積極的に取りたいと思っています!資格の勉強を通して、何かしら自分の糧にしたいです。 (男性)

<ポイント!>

✔ 資格取得で大事なことは、自分のためになるか?ということ! 
✔ 自分のQOLを上げるための資格取得もOK 

<そんな人にオススメ!>

・カラーコーディネーター (センスを上げよう。)
ファイナンシャルプランナー (自分の資産管理に!)
・硬筆書写検定