文系だから受かる!基本情報技術者試験

 文系でも確実な短期間で合格を目指していくブログ

驚くほどスムーズ!配属直後に食らいつけるショートカット集

文系SEの新人さんは、GWが明けた頃に研修が終了して本配属になると思います。

研修では一般的なことしか学べないため、即戦力になるということはあまりないかと思いますが、ちょっとした雑用等でカタカタとPCを使うことは多いと思います。

 

今回はそんな時にも使えるPCのショートカットなどのPCの小技をお伝えしようと思います。

 

一番のポイントは、

可能な限りマウスは使用しない。

これにつきます(笑)

 

集中している環境では、キーボードからマウスに手を移す時間がロスになったり、タッチミスがウザったく感じます。

ですので、そのようなミスの可能性のあるマウスの使用はできるだけ避けるということがポイントとなります。

 

初歩的なものが多いと思いますが、驚くほど作業がスムーズになるものをまとめましたので見てみてください!

 

1. Alt + Tab  →画面切替

これは絶対に覚えておきましょう!

ネットの内容をコピーしてエクセルでペーストするなど、複数のアプリケーションをちょこちょこ使うときに便利です。

Alt → Tab の順番に押すことでこれから使いたいアプリケーションを最前面に持ってくることができます。

3つ以上の切替えは Tabを押していくことで任意のものが選べます。

 

2. Windowsキー + D →全画面最小化

仕事中に別件の作業を依頼されることがよくあります。

そんなときにアプリケーションを1つ1つ閉じてから作業を開始するのはとても面倒です。(しかもこういう時に限って至急だったりするんですよ…)

こんなときはとりあえず、すべての画面を最小化して、はじめからファイルを探しましょう。

 

3. スクリーンショットあれこれ

PCのトラブルがあって人に質問をするとき、言葉で説明するより現状を見せたほうが早い!なんてことがよくあります。

そんなときにはスクリーンショットが便利です。

たいていはキーボードの右上に 「prt scr」 というボタンがあるはずなので、そのボタンを押しましょう。画面全体がコピーされるので、エクセルに貼り付けて印刷することができます。

また「ctrl」と「alt」と同時に押すと、該当ウィンドウのみスクリーンショットとなります。

 

ショートカットではないですが…

 

4. 単語登録

人名の入力など、変換がされない漢字がある場合、あらかじめ「読み」と「単語」を登録しておくことができます。

おすすめの使い方は2つあります。

○苗字の入力だけで名前も出せるようにする

○アルファベット1つの入力で、よく使う記号(【】など)を出すようにする

 

5. Caps Lockをうまく使おう

Caps Lockというとあまり良いイメージを持たない方が多いかもしれませんね(笑)

Caps Lockキーは、Caps LockとShiftを同時に押すことでオン・オフが切り替わります。

これにより、
・オンの場合→アルファベットが大文字
・オフの場合(デフォルト)→アルファベットが小文字 となります。

うっかり何かを押してしまったとき、小文字と大文字があべこべになってしまうというのはこれが原因です。

不便な機能にも見えますが、資料を作っていて大文字を使うこと(会社名や何かの略称など)が結構多くあります。

自分の作業内容と見比べてオン・オフを切り替えてみましょう。

 

いかがでしたか?
どれも今のうちに覚えておくと配属時のスタートダッシュに使えるのでぜひ覚えておいてください。

 

 

3ヵ月もたつと嫌でも覚えるものですけどね…