読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系だから受かる!基本情報技術者試験

 文系でも確実な短期間で合格を目指していくブログ

テクノロジ?マネジメント??ストラテジ??? 午前問題概要【基本情報】

午前問題の概要を簡単にまとめました。

試験勉強の話になりますと、
真っ先に参考書を読んで勉強する方も多いと思います。

しかし少し落ち着いて、どんな問題かを把握することが

最終的には効率的だったりすることもありますよね?

 

つまり基本情報も、文系の大学の期末テストと同じなんだと思います。

過去問を頑張って入手して試験範囲と出題形式を知ってからヤマを張って…

 

午前問題はどんな問題が出てくるのか?ポイントはどこなのか?は押さえておくと試験対策もスムーズにいきます。

 

f:id:BunkeiFE:20150719124910j:plain

それでは、対策のストレッチがてら、確認していきましょう。 

 

午前問題

  試験時間:150分(9:30〜12:00)
  解答形式:マークシート(4択)
  問題形式:80(問)× 1.25(点)
  出題範囲:テクノロジー(50問)、マネジメント(20問)、ストラテジ(10問)

✔️ テクノロジー
 いわゆる理系の科目。アルゴリズムやパソコンの動き等に着目した細かい話が多いです。

✔️ マネジメント
 開発を進める上での時間や資源の管理についての出題です。監査もここに入ります。

✔️ ストラテジ 
 文系っぽいものも若干はいります。マーケティングや財務諸表、法律関連の出題もあります。 

 

 

ポイント

問題が、広く浅く出る、というのが午前問題の特徴です。
慣れない情報処理分野について、暗記しておく必要があります。
うろ覚えの知識でも対応可能ですが、暗記が苦手な人は苦戦することが多いですね。

 

調べてみると分かるのですが、
過去問とまったく同じ問題がでてくるなんてこともよくあります。

特に
3回〜5回で1つの問題がローテーションされることがあるように見えます。
なので、過去問も3回前〜5回前は、特に集中して取り組みましょう。

 

選択肢のパターンも同じことがほとんどなので、やりこんでおくと
文章の意味が分からないけど答えは分かる!
ということがあるかもしれませんね(笑)