文系だから受かる!基本情報技術者試験

 文系でも確実な短期間で合格を目指していくブログ

それでもプログラミングの勉強がしたいあなたへ【基本情報】

よくある基本情報の対策ブログでは、

アルゴリズムの勉強にはプログラミングの勉強が一番!

とか

プログラミングの勉強は、遠いようで一番の近道!

とか書いてありますが、

あまり賛同できません。

 

f:id:BunkeiFE:20150823013736j:plain

というのも、
基本情報の試験前、私は個人的にプログラミングの勉強をしていました。

たしかに、繰返し処理フラグの立て方等、タメになったこともあったかなと思っています。

ただし、それらのスキルは
過去問を複数回経験すれば十分だろうというレベルです。

 

また、とんでもないことを言ってしまうと、
アルゴリズムが2,3点しか取れなくても、基本情報の合格は可能です。

 

ですので、実質的な勉強よりも
暗記や過去問演習の方に重点を置く方が、基本情報合格の最短距離になると思います。

 

しかし、
それでもプログラミングの勉強をしておきたい!

基本情報は関係なくプログラミングの経験を積んでみたい!

という方のために、私の使用したサイト・本を紹介致します。

 

【参考サイト】


→どっとインストール

プログラミングの経験のある方でしたら、既にご存知かもしれませんね。

ブログラミングを動画で勉強できる、数少ないサイトの1つです。
どの動画も3分以内にまとめられていて、初心者が始めるという意味では最も手がつけやすいです。

もし、基本情報の対策にしたいというのであれば、Javascriptの学習がオススメです。

基本情報に出てくるプログラム(のようなもの)の大枠はカバー出来ると思います。

学習方法は、実際にプログラムを動画と一緒に作ってみるのもいいですが、
ただ見るだけでも得るものはたくさんあると思います。

 

【本】


→スッキリとわかるJAVA入門

スッキリわかるJava入門 第2版

中山 清喬,国本 大悟 インプレス 2014-08-07
売り上げランキング : 911
by ヨメレバ


筆者が仕事の都合で買っていた本です。
オブジェクト指向など、難しい概念の説明がうまくされているので、なんとなく理解することが出来ます。

RPGのキャラクターを使用した説明もあり、飽きずに読み続けられるという意味では最も優れた一冊です。

 

最近は、プログラミングについての本が増えてきました。
おかげで知識を吸収する土台はあるのですが、どれを使うのが一番いいのかを考えてしまって、最初の一歩がなかなか出ないなんてこともあると思います。

そんなときに、この記事が参考になってくれれば嬉しいです。

 

基本情報を合格した後に、勉強するという意味でも覚えておいていただければなーと思います。